社長メッセージ


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東急グルメフロント

代表取締役社長

馬場 隆光

 日頃より東急グルメフロントの各店舗をご利用いただき、誠にありがとうございます。当社は東急グループの中核的な飲食事業会社として、1965年に前身会社が創業して以来半世紀の期間にわたり、東急沿線を中心として数多くの飲食施設を展開してまいりました。現在は、ファストフード・ベーカリー・カフェ・そば・うどん・ラーメン・洋食レストラン等の合計約60店舗で、年間1200万人を超えるお客様を毎日笑顔でお迎えしております。

 

昨今の少子高齢化の進展に伴い人口構成が変化し、また人々の購買行動が「モノ」から「コト」へ移行しつつある社会経済環境のなかで、食事スタイルや飲食トレンドもますます多様化してきています。忙しい合間の手軽な飲食、自分だけの時間を彩るお気に入りメニュー、そしてご家族や友人達と楽しむ華やかなダイニングといった日常シーンを支える飲食が、安心・安全であることはもちろんのこと、高品質で時には自らのスタイルを表現することも期待されているのではないでしょうか。

 

当社が様々な飲食ニーズに応えていく企業であり続けるために、まずお客様を幸せにし、社会を豊かにした上で、スタッフが「働く」ことへの「誇り・プライド」を醸成することが何よりも大切であると考えております。その「誇り」を支えとして、自らの力で考え、責任を持って行動することにより、「食」を通じて全てのステークホルダーに貢献してまいります。当社の企業理念“私たちは地球の未来のため、「食」を通じて社会に貢献します”というスローガンは不変のものであり、常にお客様や地域社会を意識し、グローバルな視野を持って意欲的に取り組んでまいる所存です。これこそが、東急グルメフロントが存在している意義であり、社会的使命であると考えております。

 

直近では2017年8月に東急線横浜駅にて「ザ・ロイヤルカフェ横浜」の運営受託がスタートし、9月には東急線新丸子駅に「タリーズコーヒー新丸子店」、11月には東急線二子玉川駅に「しぶそば二子玉川店」を出店し、さらに横浜みなとみらい地区ではシンガポール創業の茶専門店である「TWG Tea」の国内5店舗目を横浜ランドマークプラザに開業いたしました。東急グルメフロントは、様々な飲食業態を提供するプラットフォーム企業として、お客様の期待を超える付加価値の高い商品やサービスを提供するために、今後も永続的に進化してまいります。引き続き、当社店舗のご愛顧を宜しくお願い申し上げます。